バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

バンクーバーの生活はのんびり?

Bank of Montrealがカナダの5都市での平均労働時間を調査したそうです。
調査対象はバンクーバー、エドモントン、カルガリー、トロント、モントリオール。
 →"B.C. workers may toil hard, but not long" (Vancouver Sun)

5都市の平均を単純にとったら41時間。
まあ普通。



続いて、週に「50時間以上」働いている人の割合(低い順):
 7% - モントリオール
 16% - バンクーバー
 20% - トロント
 24% - カルガリー
 28% - エドモントン

「40~49時間」労働の人の割合は少し高くて41%。
 38% - モントリオール
 41% - バンクーバー
 43% - エドモントン
 50% - カルガリー
 53% - トロント

全体的には他の都市に比べてバンクーバーの数字は低く、原因については次のように分析:
  • 夏の間は天気が良いので皆働きたくなくなる
  • 労働組合の組織率が高く交渉力があるのでなかなか従業員に残業をさせない

BC州では5人に1人が自営業(self-employed)や企業家(entrepreneur)だが、彼らは週に50時間以上働くことが多い、という至極当前のコメントも付け加えられています。
都市によって傾向に違いが出てくるけど、それ以上にどういう形態で働いているかが大きく影響するということですね。

モントリオールでは50時間以上働く人が極端に少ないことについては、働くのは二の次で”joie de vivre"(生きる喜び)を優先するというステレオタイプがあるとのこと。
[PR]
by workincanada | 2004-12-05 10:48 | 移住後の暮らしを考える