バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

カナダ移民局スキャンダルの行方

カナダで移民担当大臣(Sgro)の辞任を求める動きが再燃。
前回はビザ発給に関してだったのが、こんどは寄付金問題で。

[今日のハイライト]
・Sgro辞任要求が寄付金問題により再燃
 →"Campaign donation prompts renewed calls for Sgro's resignation" (CBC)

・寄付金問題で野党がSgroを攻撃
 →"Opposition attacks Sgro over improper donation" (CTV)

[前の記事以降のダイジェスト]
・移民担当大臣、「ストリップは顧客のニーズに支えられた好調な産業」
 →"Minister says Canada needs foreign dancers" (11月26日 Edmonton Sun)

・「カナダにはストリッパー不足であるという兆候はまだ見られない」 専門家によるコメント
 →"Canada has no stripper shortage: expert" (CTV)

・首相が移民担当大臣を擁護するコメント
 →"Martin supports stripper fan Sgro" (11月28日 Edmonton Sun)
   (注:両者とも与党であるLiberalに所属)

・ストリッパー関連ビザの法律が改正へ
 →"Minister closes foreign stripper loophole" (12月2日 CTV)

・大臣補佐官がストレスを理由に休暇入り
 →"Sgro's chief of staff taking leave for 'stress'" (12月4日 CTV)

[コラム]
・今こそストリッパーの流入を止める時
 →"Time to end traffic in strippers" (Toronto Star)
[PR]
by workincanada | 2004-12-09 16:03 |