バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

Foreign Credentialと資格証明の準備について(2)

続き。
前回の書き方では要点がぼやけてたような気がしてきたので軽くおさらい。
訳語も考えて入れてみました。

【外国免許等の信用度評価サービス(Credential Assessment Service)】
"Credential Assessment Services in Canada"
外国で取得した免許や資格はカナダでは互換性がなかったり、信用度が低かったりすることがあるので、そういう技能をカナダにスムーズに導入するための支援サービスです。
このリンクは、The Canadian Information Centre for International Credentials (CICIC)という団体のサイトで、各州にある評価サービスへのリンク集になっています。

外国の免許をカナダで再登録したい場合や(法規制対象職種=regulated occupation向け)、外国の資格をカナダで役立たせたい場合に(法規制対象外職種=non-regulated occupation向け)、その方法を相談できます。
法規制対象職種に必要な免許の場合、業界や州によって制度が違うこともあるはず。
免許の変換・再登録に関する情報がネットとか本とかでは見つけられない場合とか、ネットで見つけた口コミ情報が自分にも当てはまるか心配な場合とかは、上記リンクで自分の関心のある地域を担当してる団体に電話で尋ねてみると、いちばん正確な情報を得られます。
法規制対象職種でも、自分の持ってる資格の価値をカナダで証明する必要がある場合など、このサービスで対応可能な場合があります。



以上が前回の記事で強調したかったことでした。

【最終面接までに準備しておく書類】
ジョブオファーにサインする段階で、通常は次の書類の提示を求められます。
  • 履歴書や面接でアピールした、取得資格や免許の証明書
  • 履歴書や面接でアピールした、過去に受けたトレーニングコースの終了証明書
  • 履歴書に書いておいた学歴に関係する卒業証明書
  • カナダでの労働を許可するビザの証明書
これに加えて、必要に応じて、Foreign Credential Assessment(外国免許・資格等の信用度評価)のレポートを添付することになるはず。

細かいけどこの他に提示を求められる情報としては、
  • Social Insurance Number(SIN)
  • 給与振込み(direct deposit)をするための銀行口座
  • (州の保険を払ってくれる場合は)現在の保険加入情報
なども聞かれます。

ちなみに私の場合、日本で取ったコンピュータ・IT関係の資格やトレーニングコースの受講証明は全部英語で書かれていました。翻訳の必要もなく、運良く今の職場でも価値を評価されている資格だったのでcredentialの互換性とかを証明をする必要もなくて助かりました。
もっとも、日本でコースの終了証をもらったときには、「日本で営業してるくせに何で日本語で終了証を書かないんだ」とちょっと思いましたが、今から思えば有難いことなのでした。
学校の卒業証明は、永住ビザ申請の時に取っておいた英文の証明書をそのまま使い回ししました。

【外国免許等の信用度評価サービス(Foreign Credential Assessment)を使う時の注意】
実際には評価サービスを使った体験がないままにコメントするのも何ですが、少しだけ。
法規制対象外の職種(いわゆる一般的な職種)に応募する時に、この評価サービスを使ってまで資格をアピールするということは、採用側に対して必要もないのに「私は外国人ですよ」と大きく手を振っているように写る可能性があるように感じます。
就業に関する法規制(regulation)がない業界の会社に応募する場合は、この時点でアウトになる可能性が高くなるのではないかと少し心配しています。なぜなら、法規制がない業界の労働市場では、カナダ生まれの競争相手が有り余っている可能性がこれまた高いからです。
応募する職種や会社・業界の特性、信用度(credential)を証明しようとしているスキルの市場価値・応募する会社にとっての価値、とかを総合的に判断しながら、免許・資格の互換性を証明することでかえって不利になるようなことは無いのか、慎重に検討する必要があるのかなと思ってます。

外国免許等の信用度評価(Foreign Credential Recognition)については、関連する背景事情がいくつかあって、どれもカナダ移民の就職事情では根の深い問題のようです。
[PR]
by workincanada | 2005-01-17 09:11 | カナダ就職・転職