バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

カナダの医師不足サマリー アップデート

"Provinces have funds, jurisdiction to handle health staff shortages: Dosanjh"
(Canadian Press 1月29日)
このニュースの最後にカナダの医師不足についてのサマリーがあった:
  • 360万人以上のカナダ人にregular doctor(ホームドクターのこと??)がいないらしい。
  • そのうち240万人は、医師にかかろうともしなかった(医師に観てもらう意思すらなかった)とのこと。
  • 残る120万人は、医師を探しているのにもかかわらず見つからなかった。
この医師不足の問題は、あと数年は悪化する見込み。理由は、
  • 多くの医師(physician)が数年以内に引退する
  • 医師が労働時間を減らそうとする動きがある(家族との時間を大切にするために)
先住民が多い地域の医療も大きな課題らしく、ヌナブトとか特にひどい状況らしい。
こんな地域もある:"where the teenage suicide rate exceeds the high school graduation rate."



別のニュース。
"Critical medical staff shortage in Canada: panel"
(CTV 1月28日)

「医療問題は州に依存する部分が大きい」との主張、カナダ厚生大臣。
国だけのせいにするな、と言っている。
各州の間でも協調が見られない、とも。
今年は1773人の医師が卒業する予定だが、必要とされている数は2500人でまだ足りない。

外国の医学部等の卒業生がカナダのライセンスをとるための1次試験に合格しても、その後の実務に入るためのしくみが整備されていなくてそこがボトルネックになっている。
Canadian Medical Association(CMA)の代表によるコメントの引用部分から:
He said 850 foreign medical school graduates passed the first part of their exams for licensing in Canada this year, but only 85 of them were able to get residency positions, which they need to enter practice.

There are not enough residency positions because governments haven't provided funds for them, he said.

And in any case, Schumacher said, it's not ethical to rely on foreign graduates to fill Canadian jobs because they are needed in their home countries.
「カナダ人の仕事を埋めるために外国人に頼るというのは倫理上よくない。なぜなら彼らは出身国でも必要とされているからだ。」という最後の部分が気になる。

雇う側の基本的な発想としてこんなコメントも:
"but if there aren't enough Canadian graduates, foreign-trained doctors and nurses can fill the gap. "
外国人はギャップを埋めるための役割。まあどの国でもそんなもんでしょう。
[PR]
by workincanada | 2005-01-30 06:10 | 移住後の暮らしを考える