バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

早分かり "None is too many" ~カナダにおけるユダヤ人差別の歴史~

カナダで昔あったユダヤ人差別について新聞などメディアが触れるときには、"None is too many"というフレーズがよく出てきたので、どういうものか少し調べてみました。カナダ豆知識としてどうぞ。

【由来となった本】

"None is too many: Canada and the Jews of Europe, 1933-1948"


第二次大戦後の1945年、「カナダとしてはユダヤ人の受け入れ枠は何名の予定か」という質問に対してカナダのとある官僚が答えた嫌味たっぷりの言葉、「None is too many.(ゼロでも多すぎる)」からタイトルが来ているとのこと。
その前の戦争中にもカナダ入国を拒否されてヨーロッパに送り返されたユダヤ人の多くが命を落としたらしい。

【ウェブで概要を知る】
・CBCテレビの特集番組 (1982年10月6日放送 約11分)
 ストリーミングで当時のテレビ放送が見られます。
   "None Is Too Many"



・カナダ移民局による公式移民史
"Closing the door to refugees"
当時、反ユダヤ人主義(Anti-Semitism)はカナダ全体に広がっていて、ユダヤ人は特定の仕事には就けなかったり一部ホテルに宿泊できなかったりしたらしい。中でもケベックが特にひどかったそうで。
Anti-Semitism was rife throughout Canada, where, in some places, Jews could not hold particular jobs, own property, or stay in certain hotels. It was most strident in Quebec, however, where right-wing, nationalist French-language newspapers castigated Jews and where some French-Canadian politicians and organizations denounced the idea of allowing Jews to seek refuge in Canada.
同じページのこれとかこれにも関連の記述。

・カナダ移民局サイトに寄稿されたユダヤ人難民体験談から
"Pier 21: The Place Where We Became Canadians"
(ページスクロールした真ん中あたりの囲み記事)
"For most of 18 months, we had been on the run, finally retreating to Bordeaux in southwest France, where we were machine-gunned by Luftwaffe Junkers. This was pretty scary for a 10-year-old whose fantasies were entirely caught up by the prospects of immigrating to the New World. By promising to buy a farm through the CPR, my father had obtained a Canadian visa. That was a rare document because at the time hardly anyone was being allowed in, especially Jews, reflecting the sentiment of the anonymous Ottawa immigration official who, when asked how many Jewish immigrants Canada should admit, flatly decreed: 'None is too many.' (文中のCPRとは、Canadian Pacific Railwayの略です。)
"a brief summary of NONE IS TOO MANY"

"Was None Too Many?" (CBC)
[PR]
by workincanada | 2005-03-11 11:49 | カナダ多文化主義の側面