バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

カナダの歯医者について

不明朗会計に悩む「歯医者さん ファイナル」を読んで思いだしたバンクーバーでの体験。



私が行ってる歯医者さんは明細を作ってくれるので、費用は何にいくらかかったかがはっきり分かります。

ただし、その歯医者さん、患者への親切心から明細を作ってくれてる訳ではなく、仕方なく作っています。厳密には自主的にやってくれるサービスではないみたいです。
というのは、治療費は私の勤め先が払ってくれてる保険でカバーされてるんですが、歯医者さんが保険会社に費用請求するためには治療項目を逐一報告しないといけません。そのために明細を作って被保険者にもそのコピーを渡す、という手続きが必要になるようです。
保険に入ってない人でも、費用とか治療内容とかを事前に知りたい場合、治療前に見積もりを出してもらうようお医者さんに頼んでる人も実際にいます。保険に入ってても上限が気になる場合だったり、そもそも保険に入ってなかったりする場合なんかだと思います。
ちなみに昨年度は1年間で1200ドルほどかかりました(定期健診×2、軽度の虫歯の治療×3)。

治療してもらうたびに明細をもらうんですが、歯を何本治療して、どういう処置をしたかが毎回明細で出てきて、各処置の費用明細が全部プリントアウトされています。
それを見るといろいろ分かります。例えば、虫歯を詰める材料がアマルガム(銀歯)のやつだと今の保険では8割ほどしかカバーされないんですが、白い材質のものだと全額カバーされます。レントゲンも何枚撮影しました、みたいなことが書いてあります。
定期健診は全額カバーされるのに、クリーニング後のフッ素処理は保険支払い対象にはならなかったり、そういうのとかも。
支払い対象になるものの分類方針はよく分からないけど契約でいろいろ決まっているようです。

いちど腹がたったことがあったんですが、歯の詰め物をした後に噛み合わせが悪かったので、後日少し削ってもらいに行きなおしたら、"bite adjustment"という費目で40ドルくらいとられました。幸い全額保険でカバーされたんですけど、なんだか気に入らないなー。
あとはこの歯医者さん、事前説明もナシにいきなり麻酔打ってがりがり削り始めることがあったのでちょっと困りました。日本だと最初にお医者さんが概要を説明してくれてたんですがね。
もちろん歯医者によるみたいで、バンクーバーでもbite adjustmentなんかで費用を取るような歯医者はどうやら珍しい方らしい。
お医者さん選びもネットワークとかコネを使って情報を集める方が良いみたいです。
[PR]
by workincanada | 2005-03-20 07:37 | 移住後の暮らしを考える