バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

外国で働いて暮らすというのは突き詰めるとこういうことではないかと

「アメリカで1人で生きていく」ということ (MochioUmeda.com)

アメリカを前提に書かれていますがカナダから見ても納得。

以下抜粋:

(註:「アメリカで1人で生きていく」ことができるかどうかは)人生のデザインにおける戦略性の問題と、その戦略を粛々と時間をかけて執行していく気があるか(つまり“アメリカで1人で生きていく”というイメージを、人生における他の選択肢との比較の中で、どれだけ強く思いつづけられるのかどうか)にかかっている
・・・



何かの理由(両親がアメリカ滞在中にアメリカで生まれたとか、アメリカ人と結婚したとか)で米国籍やグリーンカード(米国永住権)を持っている特別な人は別として、普通の日本人にとって「アメリカで働ける許可」はまず必要不可欠だ。
・・・
戦略性を持つための最低条件は、きちんとした情報を持つことだ。情報が不足していると、「解のない問題」を考え続けなければならなくなってしまうことが多い。
・・・
以上は「アメリカで生きていく」ことをイメージしたときに最初に持っておくべき情報である。このあたりの「入門」的情報を持ったところで「そんなに面倒くさいの。なら日本企業に勤めるよ。いや日本に帰るほうがずっと割がいいじゃないか」と思う人が日本人には多く、一方、中国人やインド人の多くは「アメリカでやっていくというのはそういうことだよな。当然だ。国に帰るよりも、このルールの中で何とか自分を証明して、ここでやっていこう」と思うわけである。冒頭で「アメリカで1人で生きていく」ことを選ぶ日本人ビジネスマンは極端に少ない、と書いた理由はこのあたりにある。
[PR]
by workincanada | 2005-04-01 11:44 | カナダ就職・転職