バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

選挙前には移民の支援政策を

「自由党、移民のforeign credential差別解消に向け追加予算」
"Liberals pledge millions to help immigrants"
(Globe and Mail 4月26日)

自由党(Liberal)が移民出身有権者の票をなりふり構わず狙っているとの批判。
a move dismissed by critics as a desperate bid to win voters before the minority government crumbles.
ケベック独立に関するスポンサーシップスキャンダルがきっかけで自由党の信任を問う意味での総選挙が決まったので、それへの対応策と見られている。

先日あったカナダ移民法改正の発表も、選挙がらみとの見方が多い。
(移民が両親や祖父母を呼び寄せやすくする、学生ビザでの学外での労働を許可する、というこの発表
もっと頻繁に選挙があったら移民制度ももっと早く良くなっていくのだろうか。もっとも、credential問題はカナダ人のマインドが根底にあるので、単に予算を増やしたからといってすぐに解決するとは思わないけど。
「移民の票を狙う移民担当大臣Joe Volpe」
"Minister Joe courts immigrant voters"
(Globe and Mail 4月19日)

「移民システムの改善は票集め目的ではないとする移民担当大臣Volpe」
"Improvements to immigration system not a cynical ploy for votes, Volpe says"
(Macleans 4月18日)




このMacleansの記事によると、移民の家族呼び寄せの課題は過去10年ほど放置されていたのに、スキャンダル問題を抱えて選挙が近づいてきて政策が出てきた、と。
自由党(Liberal)の公約が実現することはほとんどない、とはNDP議員の批判。BC州のLiberalを見てる限りでは確かにそうかも。平気で公約を破ってきてる。

今回の総選挙は、山拓を再選させた日本とカナダとの違いが分かるイベントになりそう(スキャンダルの質とか規模が違うけど)
[PR]
by workincanada | 2005-04-29 12:12 | 移民・移住に関する統計等