バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

ネットワーキング応用編(2)

「人事担当者とのネットワーキング」の続きです。

一度ある会社の面接を受けてしまえば、そこの人事担当とは面識ができるので、こちらから連絡をすることができます。よくある例では、面接後のフォローアップの電話があります。
それを一歩進めて、面識のある人事担当者に、就職活動の相談をすることも考え方によってはアリです。

具体的には、フォローアップの電話をしたときに、不採用な色合いが濃いと分かった場合は、ついでに業界情報を聞いたり、他社の採用動向を聞いたりするのは大丈夫な場合が多いです。
相手の都合を考えて手短に終わらせるように注意さえしていれば、先方が情報を持っている場合は差し支えない範囲で気持ちよく教えてくれることが多いものです。

あとは、面接の途中でも同じことが可能です。
例えば、面接を重ねるうちに人事の人が、「残念ながらこの人向けの仕事は今は無いな」と意識し始めた時。こういう時、人事の人にある程度気に入ってもらえている場合は、同業他社の求人情報を紹介してもらえることがあります。
自分でそういう雰囲気を感じ取った時には、面接の終盤あたりで積極的に尋ねてみるといいです。
これはカナダでは十分に許容範囲です。
[PR]
by workincanada | 2004-10-16 16:04 | カナダ就職・転職