バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

カテゴリ:移住後の暮らしを考える( 39 )

"Working-age adults fall through safety net"
(Globe and Mail, Sep 9, 2005)

More
[PR]
by workincanada | 2005-09-11 09:46 | 移住後の暮らしを考える
日本人青年一時滞在者の期待と現実 - 実地調査の結果から -
(2002年2月)


バンクーバーに一時滞在する日本人に対する聞き取り調査から垣間見える日系社会の暗部。
日系の全部が全部こうだとは思わないけど、こういう話はバンクーバーに来てからときどき耳にするようになったので。
聞き取り調査のターゲットをかなり絞り込んでるので、回答や分析のコメントもかなり濃いものになってます。
...
このような文化的な背景に加え、多くの若い日本人一時滞在者は、「アイデンテイテイ不足」に悩んでいますから、彼らの自己認識は、いっそう状況の変化によって左右されやすいと言えます。実際、私が一人の女性インタビュイーに、「今の自分は好きですか」と聞いたところ、「この三ヶ月ぐらいは好きじゃないけれど、あと10日で好きになると思う。あと10日で、将来の仕事がもらえるかどうか、職場から返事が来て、ワークパーミットが出るかもしれないから」と答えました。

このように、状況によって特に自己認識がかわりやすい若い一時滞在者は、北米人だけではなく、年長の日本人・日系人にとってもコントロールしやすい相手かもしれません。実際、「北米に来て困った体験はありますか」という私の質問に対し、日系企業でのセクハラや不当解雇や、給料未払いを挙げたインタビュイーの数は、日系人以外からの不当な扱いを話してくれた人の人数に迫るものがありました。

More
[PR]
by workincanada | 2005-05-26 11:14 | 移住後の暮らしを考える
住む予定の地域のものを日本から時々読んでみるのも良いと思います。

位置関係はここ参照:


バンクーバー "Vancouver Courier"
ノースバンクーバー "North Shore News"
サレー "Surrey Now"
リッチモンド "Richmond News"
バーナビー "Burnaby Now"
ニューウエストミンスター "Royal City Record"
コキットラム "Coquitlam Now"
デルタ "Delta Optimist"
チリワック "Chilliwack Times"
メープルリッジ "Maple Ridge Times"
ラングレー "Langley Advance News"
アボッツフォード "Abbotsford Times"

More
[PR]
by workincanada | 2005-05-16 13:06 | 移住後の暮らしを考える
ここ数年、カナダの会社が良いペースで外資に買われていきます。
それ以前に、アメリカからカナダに進出してくる会社も非常に多い、というか大企業だとむしろその方が圧倒的に多いです。
つまりカナダ人の中にはアメリカにある親会社のために働く人も多い訳で、work & life balanceもアメリカ人のそれに近づいてきています。

たとえばバンクーバーのイェールタウンに、ソフトウェアのグローバル企業がありますが、そこは夜もこうこうと明かりがともってるし、土日も必ず人が出入りしていて不夜城さながらです。2年ほど前にアメリカの会社に買収されるという憂き目に会いましたが、それ以来さらに厳しい環境で働いているようです。
じゃあカナダ企業だとのんびりなのかというとそうとも言えなくて、グローバルに展開している会社は国際競争にさらされているため日本並みに働くことも珍しくありません。例えばノーテルなんかは、レイオフのニュースを何度聞いたかもう覚えてないくらいで、残った従業員はかなり大変だと思います。

先月だったかテレビで、睡眠時間が減っているカナダ人という特集をやっていたし、以前のエントリで紹介したWork Less Party(訳すなら「労働時間短縮党?」)が出たりするのもこのへんが事実として認識されてきているからです。

のんびりした生活を誇りにするカナダ人が、そういったアメリカ的なハードワークを断れないのは何故なのか、それは単にクビがかかっているからなのでしょう。しかもアメリカなどの親会社からの要求レベルは高いし、カナダよりもドライに判断を下されてしまう。
「マネックス証券社長のつぶやき」に面白い例が出ていました。
金融列伝 MW その1 <松本大のつぶやき>

More
[PR]
by workincanada | 2005-05-16 03:20 | 移住後の暮らしを考える

カナダの州ごとの犯罪率

人口10万人あたりの犯罪発生件数(2003年度)
犯罪が多い順に。

 BC..............12,372
 アルバータ......11,092
<全国平均.........8,884>
 ケベック...........7,084
 オンタリオ.........6,657

BC州の人口当たり犯罪数はオンタリオの約2倍。

ソースはカナダ統計局のこれこれ

More
[PR]
by workincanada | 2005-05-13 15:00 | 移住後の暮らしを考える
日本の所得格差が拡大しているというのを見かけたので、カナダはどうかと思って見てみた。
カナダは日本よりも所得格差が大きく、日本と同じくカナダも所得格差が拡大し続けているとのこと。

全国消費実態調査トピックス-日本の所得格差について-
(総務省統計局 平成14年8月2日)



「ジニ計数が、カナダでは0.291>日本は0.273、なのでカナダのほうが格差が大きい」といわれても今ひとつピンとこないが、どうやらそういうことらしいです。

大手町博士のゼミナール 広がる所得格差
* 高齢者世帯増が主因
* サラリーマンの成果主義も
 高齢者世帯の増加が所得格差の増大の主因であるのは間違いないとみられるが、現役のサラリーマンの間でも格差が進んでいるとの指摘も多い。年功序列を廃し、同期入社でも能力によって差が付く成果主義の賃金体系を導入する企業が増加しているためだ。日本は戦後の長い間、「総中流社会」と言われ、その中産階級の層の厚さが、社会の活力を生んできたとされているが、こうした構図の崩壊を危惧(きぐ)する声もある。

[PR]
by workincanada | 2005-05-06 09:25 | 移住後の暮らしを考える
年収5万ドル程度ないとスポンサーになれないとのこと。
(ちなみにskilled worker移民のprincipal applicantで平均年収が3万3千ドルくらい)
加えて、厳格な健康診断にパスしないとだめ。

Bring in our parents (National Post 5月1日)

このNational Postの記事がぜんぶ本当なのかどうかは知らないけど、これで思い出したのが、非欧米諸国から移住してきた同僚が聞かせてくれた話。

その話は、5年ほど前に彼が母親をカナダに呼び寄せようとしていた時のこと。
彼の母親がビザ申請用に健康診断を受けたところ、レントゲン像の診断から結核の疑いがあるとの結果。そこで、各種追加検診をしてみたが、“結核である”という確証は得られなかった。しかし“結核ではない”という確証も得られず、クロではないけどシロとも言い切れない状態だったため、移民局としては永住ビザを許可できなかったらしい。そこで出た条件として、「実際に胸を開いてみて目視で確認して、何も兆候が見られなければ結核ではないと判断する」。かくしてそのお母さんは開胸手術で結核ではないことを証明し、晴れてカナダに移住して息子夫婦との生活を送れるようになったのでした。

More
[PR]
by workincanada | 2005-05-03 14:08 | 移住後の暮らしを考える

カナダ情報源 リンク集

日本にいながらにして触れることができる、ネット上のカナダの情報源。
カナダ移住前の日本での準備期間中にチェックしておくと良いです。

【移民向けニュースマガジン - 定住支援・移住後の生活情報など】
 ・The Canadian Immigrant Magazine
  (BC州に住む予定の人向け)
 ・The Canadian Immigrant Magazine - Ontario Edition
  (オンタリオに住む予定の人向け)
 ・Canadian Newcomer Magazine
  (トロント近郊に住む予定の人向け)

【移民の生活・雇用、移民政策に関するニュース】
 ・TRIEC
  (Toronto Region Immigrant Employment Council)
 ・PROMPT
  (Policy Roundtable Mobilizing Professions and Trades)
 ・Metro News - Immigration
 ・Investor Immigration Information for Canada
 ・CanadianImmigrant.com
 ・移民局 The Monitor
 ・Settlement.org
 ・OAYEC (これはカナダ人の若者向けだけど参考になる)
 ・Pass to Canada

【カナダや英語圏の職場カルチャーの話題、問題と対策とか】
 ・GLOBE CAREERS
 ・Metro News - Workology
 ・Working.Canada.com - Career Resource Centre
 ・WorkWorries.com
 ・Dilbert

【skilled worker移民の就職支援団体】
BC州
 ・bcitp.net
 ・Looking Ahead
BC州 エンジニア向け
 ・Society of Internationally Trained Engineers of BC
BC州 On-Line Resource Guide for Skilled Immigrants
 ・Looking AheadのDocファイル
オンタリオ州
 ・Skills for Change
 ・CFTPT
オンタリオ インターンシップ紹介
 ・Career Bridge
その他オンタリオ地域の移民向けプログラムのリンク集
 ・"Why should I get help to find work?"
  (スクロールして下半分に行くといろいろある)

【カナダITニュース】
 ・it business.ca
 ・itWorld Canada
 ・Silicon Valley North
 ・CanadaIT.com

【カナダIT業界の雇用情勢レポート】
 ・Eagle Professional - News Letter

More
[PR]
by workincanada | 2005-04-28 14:35 | 移住後の暮らしを考える
「カナダのクレジット履歴がないために家を買えない移民」
"Lack of Canadian credit history shutting immigrants out of hot housing market"
(canada.com 4月21日)

言われてみれば確かに。
移住して何年間はおとなしくクレジットヒストリーを積み重ねていくしかない。
現金払いだったら問題ないけど。

"It was really frustrating," Carel Seyffert said of his family's near year-long struggle to buy a new house in Calgary, currently one of the country's hottest real estate markets.

"It was the fact that we had no credit history in Canada. . . And our credit history from South Africa does not apply here. They don't even look at it."

...

"You've come to this country and you think you can add to the economy and can be of benefit to people, but they don't seem to recognize that. I felt like I just wanted to pack up my stuff and go back," Seyffert said. "Sometimes you feel like you're a criminal or you're in the wrong because you get treated as if you're absolutely nothing. And I think it's wrong."
[PR]
by workincanada | 2005-04-27 12:15 | 移住後の暮らしを考える
カナダと日本、どっちもレベルは変わらない気がする。。
b0033579_2494919.gif

ここから投票できます:
Gomery Inquiry (canada.com)

カナダの現状は、連邦レベル、州レベル、どちらもけっこう痛い。

参考: CBC News Indepth: Federal sponsorship scandal

マーティンが政治生命延命のために披露した最近の迷言:
1."I am sorry that - I wasn't more vigilant"
   (Montreal Gazette)
2. "moral authority to govern"
   (Maclean's)
[PR]
by workincanada | 2005-04-25 02:53 | 移住後の暮らしを考える