バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada

カテゴリ:カナダ多文化主義の側面( 16 )

まだまだカナダも意外とやってくれます。

どうしてカナダ人はユダヤ系が嫌いなのか、、、たまたま同僚のカナダ人達に聞いてみる機会があったのだけど、彼らはその理由について「pushyだから」としていました。
カナダ東部だとまた違うんですかね。
年齢層による傾向もあるとは思うけど。

ちなみに第二次大戦前後は"None is too many"に代表されるこんな感じ
シェイクスピアでもユダヤ人を嫌うような話が出てくるけど、時代が変わっても人情というのはなかなか変わらないのかな。

Pilot survey of hate crime (カナダ統計局 2004年6月発表)



しかし被害のトップは黒人じゃないんだカナダは。
アメリカだとそういうイメージがありますが。
[PR]
by workincanada | 2005-05-27 09:33 | カナダ多文化主義の側面

Act Canadian

少し古いけどマクリーン誌の記事を見つけた。

"We Are Canadian"
(Maclean's 2000年12月25日)

Since You're Here, Act Canadian
In Canada -- a land of immigrants and the home of multiculturalism -- the prevailing attitude, in fact, is that those who are allowed in should act Canadian.

「多文化主義のお家元である移民の国、カナダ。このイメージに反してカナダ人は、外国人は入国を許可された以上は、カナダ人として振舞うべきだと考えている」

Q: Canada should . . .
  • insist that immigrants adopt Canadian values
    Agree 71%
    Disagree 20%
  • increase the number of immigrants each year
    Agree 33%
    Disagree 49%

    「移民はカナダ人の価値感を身に付けるべきだと思いますか?」
     → Yes 71% No 20%
    「毎年の移民受入れ数を増やすべきだと思いますか?」
     → Yes 33% No 49%


More
[PR]
by workincanada | 2005-05-22 02:53 | カナダ多文化主義の側面
CBCテレビ放送のアーカイブ。

・収容所の映像と経験者のインタビュー
 (1997年3月21日放送 約9分)
   "The long journey home"
彼女は収容所に入れられ、夫はアルバータのハイウェイ建設の強制労働に送られたこと、財産没収、カナダ東部への強制移動、など、全てが語られています。

・デビッド鈴木の収容所経験インタビュー
 (1975年11月18日放送 約21分)
   "The Fragile Democracy"

・カナダ政府の謝罪に関する当時のニュース
 (1988年9月22日放送 約5分)
   "Apology to Japanese Canadians"

・その他
"Relocation to Redress: The Internment of the Japanese Canadians"
[PR]
by workincanada | 2005-05-12 06:36 | カナダ多文化主義の側面
Klan comments land immigration minister in firestorm
(CBC 5月4日)


保守党をKKK呼ばわりしたことで非難を浴びてるようですが...
[PR]
by workincanada | 2005-05-05 10:22 | カナダ多文化主義の側面

すごいぞケベック

かつてのアメリカの黒人差別を思わせる、ケベック州の農場で起こっていた5年前の出来事。
食堂とかが分かれてたらしい。

"Quebec farm segregated black workers"
(Globe and Mail 4月30日)

Célissa Michel arrived at work one day back in 2000, he saw a new sign posted reminding day labourers that they weren't allowed to eat in the regular cafeteria.

Rather, he and roughly 100 others had to make do with a "blacks-only" cafeteria that lacked heat, running water, proper toilets, refrigeration and many other amenities.
...
According to their testimony, the black workers were verbally and physically abused on several occasions, and were the targets of graffiti reading "here are our monkeys" and "blacks are pigs."
...
Joanne Richard, deputy clerk of the Quebec Human Rights Tribunal, said this was the worst case of outright discrimination in the tribunal's recent history. "In my memory, I've never seen anything like this. It was like in the movies about the United States. It is really, really bad."

昨日のGlobe and Mail本紙には、「黒人は食堂に立ち入らないようによろしく」とフランス語で書かれた張り紙の写真が掲載されていました。

Globe and Mail記事
[PR]
by workincanada | 2005-05-02 10:07 | カナダ多文化主義の側面
「ケベック世論調査で過半数の54%が分離独立に賛成」
"54% in Quebec back sovereignty"
(Globe and Mail 4月27日)

1988年以来7年ぶりの独立機運の高まり。
でもスポンサーシップスキャンダルへの反応が主な理由であって、ほんとに今すぐカナダから独立したいという訳ではなさそう。

ブロックケベコワ党(Bloc Quebecois)の党首も慎重な見方:
"Bloc Leader won't take poll results 'for granted'"
(CTV 4月27日)

世論調査の他の質問項目と結果:
  1. 37 per cent said revelations and allegations raised at the Gomery inquiry have fuelled their support for sovereignty
  2. 49 per cent believe Quebec will one day become a sovereign country, compared to 41 per cent who don't
  3. 49 per cent favour another referendum, while 46 per cent oppose it
  4. 48 per cent said they were confident "renewed federalism" was possible, while 45 per cent said it was not.

[PR]
by workincanada | 2005-04-28 10:21 | カナダ多文化主義の側面
これに関して気になるのが2つあったので。

【1.ホワイトアングロサクソンとビジブルマイノリティの距離感について】
"Come to Canada for the cultural porridge"
(Toronto Free Press 4月22日)

イギリス系のカナダ人としては、"white Anglos"(アングロサクソンの白人)以外の移民や難民が増えて多文化モザイク化が進む現状を歓迎しにくいのも無理はないのかな、と感じさせられるコラム。

「トロントなど都市部では白人はマイノリティになりつつあり、マジョリティになる移民の多くはろくに英語も話せない。多文化のおかげでクリスマスを祝うのもはばかられるようになってきた。そして古き良き西洋文化が姿を潜めて行く。カナダ人が何かにつけてアメリカやヨーロッパの人とは違うんだと言いたがるのも無理はない。」

もはやカナダの諸民族の間には、「貧弱な医療システムとの戦い」以外は、皆の利害が一致するものが無い、としている。

続き
[PR]
by workincanada | 2005-04-24 02:42 | カナダ多文化主義の側面
"1 in 6 people subjected to racism: report" (CBC 3月21日)

The survey results challenge Canadians' perception that the country is a model of tolerance and multiculturalism

Most respondents in the study said they didn't think the amount of racism in their communities had changed much in the past five years.

Nearly 15 per cent of the 1,001 people surveyed said they thought skin colour made a difference at work.
[PR]
by workincanada | 2005-04-12 15:52 | カナダ多文化主義の側面
「カナダで歓迎されない移民はアジアやアラブ地域出身」
"Asian, Arab immigrants least favoured, poll finds"
Canadians more open to accepting newcomers from Europe, Latin America and Africa
(Ottawa Citizen 2002年9月12日)

一方で、歓迎される移民の出身地域は、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アフリカらしい。

続き
[PR]
by workincanada | 2005-04-07 13:13 | カナダ多文化主義の側面
こんなのを見つけました。

県人が支えた日系人野球 (Asahi.comマイタウン滋賀 3月19日)
03年6月、カナダ野球の殿堂に大正から昭和初期にかけて活躍した日系人野球チームの名が刻まれた。「バンクーバー・アサヒ」。白人選手に体格で劣りながら、イチローのような俊敏さで対抗し、現地の日系人の誇りだった。しかし、太平洋戦争の開戦によりチームは解散し、二度と復活することはなかった。伝説となったこのチームの設立に、滋賀県出身者が大きな役割を果たしたことはほとんど知られていない。


以下ニュース記事
[PR]
by workincanada | 2005-03-22 11:40 | カナダ多文化主義の側面