バンクーバーでの仕事探し体験や教わった就活・職探しのコツ等、スキルワーカー移民のカナダ移住準備に役立つ情報を書き留めてます。


by workincanada
初対面の時、たいていのカナダ人は非常にきさくでフレンドリーです。
彼ら自身、アメリカ人よりもそういう傾向があると信じていて、それを誇りにしています。

ところが、カナダ人でも、自分が追い詰められた時、自分を守る必要が出てきたと感じたとき、とたんに態度が変わります。開き直って前言撤回、というのは追い詰められた度合いによっては十分ありえます。

私は職場ではあるグループに所属していて、そのグループマネージャのカナダ人が直接の上司です。
職務がら私は、もう一つの別のグループとの間に入って、関係者を調整して作業を進めたり問題解決したりすることが多くなります。

別グループのマネージャのカナダ人(女性)は、入社してすぐの私に対してフレンドリーにこう言いました。
「私のグループのメンバーにヘルプを頼みたい時はいつでも言ってね。この会社は柔軟にみんなが助け合う雰囲気がいいところなのよ。お互いのグループで助け合いなんだから。」

そしてある日、うちのボス(男性)と話していました。ある一連の作業を彼女の部下にやってもらいたい、ということになりました。だいたいどの時期に、彼女のグループのどのメンバーに、どういった作業をお願いしたいか、大枠は既に決まっていました。
「じゃあ僕が直接彼女のとこに行って説明してきますよ」
「じゃあよろしく」
そして女性マネージャのとこに行くと、
「ちょっとそれは困る。ちゃんとそっちでスケジュールとか作業量の見積りをぜんぶ準備してから言ってこないと、こっちの部下もいろいろ忙しいんだから。」
「いや、だからスケジュールとか作業量とかはだいたい今説明したとおりなんですけど。」
「とりあえず紙に書いて出して。それから検討します。」

なんだか基本的な姿勢が初対面の時と違います。どうやらいくつかのプロジェクトが山場を迎えつつ、重要メンバーが長期の休みに入る頃だったりで、彼女も大変なようです。

ボスのところに戻って、「なんか彼女、言ってることとやってることが違うけど。」て相談すると、結局うちのボスもマネージャ就任したばかりで、マネージャ歴の長い彼女には意見しにくいようでした。そこでおとなしく紙を提出して、彼女がご機嫌の時に返事をもらったのでした。

うちのボスによると、こういうのをサイロ(silo)と言うそうです。
縦割り主義で、部門間で話が通じない。
家畜の飼料の牧草とかが入ってるサイロ、これが何本も立っているイメージ。
業務パッケージグループのサイロAと、インフラグループのサイロB。
サイロAの中で、メッセージを紙にしたためて、小石にくくりつけて、上の出口にめがけて投げる。
それが隣のサイロBに落っこちたら、そこで紙を開封してメッセージを読む。
そしたらまたサイロBからメッセージが投げ戻される。こういう感じです。
[PR]
# by workincanada | 2004-10-04 02:24 | 就職してから

カナダ就職、最初の難関

カナダに移民しての就職はいろいろ大変ですが、最初の難関は、面接のチャンスにありつくことのようです。
いろんなところに履歴書を送ったりしても、なかなか面接には呼んでもらえないというのが普通みたいだし、職種によってはそもそも求人情報自体が見つからない、ということも有り得ると思います。

じゃあ面接にたどりつくためには?というのを考えてみます。
当たり前ですが、次の2つをクリアしないといけません。

 1) 人事担当者の手元に、求職者の情報が届く(履歴書・紹介等)
 2) 人事担当者が、求職者の経歴・スキルに興味を示す

カナダでは日本のように求人情報があふれている訳ではありません。日本のような就職情報誌はないし、そもそも会社の数自体も多くはありません。
新聞とかインターネットに出ている求人情報は、全体の求人のほんの1割2割程度だとも言われています。新聞とかインターネットの求人に対しては応募者が殺到するため、かなりの戦いを強いられます。
一方、広告が出ていない求人に対して、知人の紹介などで応募すると競争率が低い上に、紹介ということで信頼度も格段にアップするので、採用される可能性が一気に高まります。
なので、就職活動の最初の段階では、「如何にして隠れた求人情報を見つけて、その人事担当者と連絡を取るか」というところに重点を置く必要があります。

ネットワーキングが大切、とか、自分で積極的に履歴書を送って回る、とかよく言われているのは、この辺を意識してのことです。
ただし、ネットワークなんてものは、短期間で簡単に広がるものでもないので気長に続ける必要がある上に、ある程度、縁とか運みたいな要素もあります。また、やみくもに履歴書を送って回っても、100通送ったところで1通も返事が来なくてヘコんで神経が消耗するだけ、という可能性もあります。送った履歴書が人事担当者や採用の意思決定者(hiring manager)の手に渡ることなく社内のゴミ箱に直行することも多いからです。

隠れたジョブマーケットでの仕事探しのコツをある程度おさえておくと、ある程度までは効率的な就職活動ができると思います。
また少しずつ書き足して行きます。
[PR]
# by workincanada | 2004-10-02 15:34 | カナダ就職・転職
1)基本は通常の職探しと同じ
  ・まずはここで基本をチェック
  ・最初の仕事で専門外の職に就くと後が大変になることも (記事

2)カナダIT労働市場の傾向
  ・ITの仕事はどの都市に多いのか、職種別の失業率は? (記事

3)役立つ求人情報ウェブサイト
  ・全国区はこの2つ www.workopolis.com, www.monster.ca
  ・カナダ地域別 テクノロジー系の求人サイト (記事
  ・いろんな求人サイトを使い分ける (記事

4)IT系の仕事を探すのに役立つ人材紹介会社
  ・登録しておくと良い人材紹介会社 (記事

5)働く形態について考えておく
  ・IT業界ではコントラクトも多い (記事
  ・コントラクトの場合は会社設立も視野に (記事

6)スキルを活用できる(or したい)会社を自力で探し出す
  ・テクノロジー系の会社ランキング (記事
  ・テクノロジー系企業のリンク集 (記事
  ・スキルの専門度に応じたネットワーキング (記事
  ・人材紹介会社が主催するネットワーキングパーティーの例 (記事
  ・カナダのIT製品ユーザーグループ リンク集 (記事

7)地域別お役立ち
  ・バンクーバー (記事
  ・オタワ (記事

8)職種別の給与水準について
  ・政府発表資料から (記事
  ・民間の資料から (記事

9)その他
  ・カナダIT雇用動向 ニュースレター (記事
  ・「海外転職エンジニアが得たもの・失ったもの」 (記事
[PR]
# by workincanada | 2004-09-29 23:30 | カナダ就職・転職